齋藤 雅俊
生産技術部工機課

齋藤 雅俊

2005年入社

やりたいことを見つけたら、
貫く強い意志を持つ

高校は地元・喜多方にある工業高校に進みました。卒業後の進路を考える時期に、ものづくりに関わる設計の仕事がしたいと思い、担任の先生に相談したところ大学進学を勧められました。就職に強い高校でしたし、堅実な地元企業に就職する友人が多かったのですが、「設計の仕事を」という強い思いを叶えるために大学進学を選びました。そして機械工学を学ぶため足利工業大学へ進学。機械の設計・製作、その使用法や技術まで、大学で学んだ知識と経験を生かして地元で働くことができる企業を探していて、出会ったのがシグマです。「ものづくりの全てを会津で」という企業精神に感銘を受け、ここで自分の知識と経験を活かしたい、この会社の一員になりたいと思ったんです。

なければ作る。何でもやってみる。
ものづくりの喜びを噛みしめて。

なければ作る。何でもやってみる。
ものづくりの喜びを噛みしめて。

入社後は生産技術工機課に配属。カメラやレンズを生産するために必要な機械や治具を設計から組立まで担う部署で働いています。シグマは、ものづくりにこだわる会社なので、工場に必要な機械や治具のうち、特殊なものや、既存のものでまかなえないものは社内で作るのが基本方針です。そうしたこだわりを実感できる仕事に誇りを感じています。自分が手掛けた機械や治具によって、生産が円滑に進み、作業効率が上がる。製造現場で働く人にも喜んでもらうことで、さらにモチベーションも上がります。新しい製品が生まれれば、生まれるだけ、次々と仕事は増えていきますし、時には難題もありますが、できる限り現場の要望に応えたいという思いで働いています。私の部署は工場内の「何でも屋」に近いのかも(笑)。自分も含め、作ることが好きな人には絶対に向いている部署です。CADによる設計、開発者との打合せ、時には現場での加工も…。カメラやレンズの設計とはまた違ったポジションでものづくりに携われ、「世界一の製品」めざして技術を駆使し、サポートする。黒子的な存在ながらも重要な役割を担っている部署なんです。

常に前を見て走り続けた10年
人を育てる難しさも実感

常に前を見て走り続けた10年
人を育てる難しさも実感

入社時は人員も少なく、発展途上だった生産技術部工機課ですが、この10年でずいぶん変わってきたなと感じます。会社の規模拡大につれ、任される役割も責任も大きくなったと感じています。技術進化めざましい光学機器の製造においては、個人レベルでもより精度の高い設計技術を体得することが必須となります。これからは、自分の成長はもちろんのこと、後進の育成や全体の生産性向上も課題だと考えています。上司や部下と上手くコミュニケーション取りながら、部署全体で設計技術をレベルアップできるよう、日々精進しています。ものづくりに関わる設計の仕事がしたいと強く願い続け、周りの仲間とは違う道を志した高校時代の自分に、「強い意志のおかげで今は毎日充実しているよ」と、教えてあげたいですね(笑)。

齋藤 雅俊 生産技術部工機課

齋藤 雅俊 (さいとうまさとし)

福島県喜多方市出身。喜多方工業高校卒業後、足利工業大学機械工学科を卒業。高校時代から、ものづくりに関する設計の仕事に携わりたいと考え、CADのスキルなどを習得。入社10年目、現在は生産技術部工機課係長として、機械や治具の設計はもちろん、部下の指導なども業務に。趣味は旅行で、まとまった休みの時には温泉旅行などで日頃の疲れを癒してのんびりするのが至福のとき。

生産技術部工機課
の仕事について

カメラやレンズなどの最終製品ではなく、工場内で使う機械や治具を作っている。シグマの製造技術の根幹を支える部署である。工場内のスタッフがいかに効率よく、楽に作業できる機械や治具を作るかに配慮しながら創意工夫を重ねる。製造現場の率直な要望に耳を傾け、常に要求以上の機械や治具を実現できるよう、発想と具現化の両方が求められる仕事でもある。