松井 裕貴
金型部 金型設計ユニット

松井 裕貴

2013年入社

職人気質な会社のカラーが、
自分に合うと思いました。

大学院では機械システム工学科に所属。研究室ではアルミの変形解析を行っていました。大学ではとにかく研究をがんばっていましたね。担当の教授がモチベーションを上げるのが上手で、アドバイスも適切で、毎日研究室に通って夢中で研究に明け暮れていました。ずっとアルミの研究をやっていたので、就職はアルミに携わる仕事を考えていました。しかし、とあることがきっかけで、地元で働くことを考える機会があり、僕の地元である会津に工場があるシグマを検討するようになりました。ここでなら自分が大学院で身につけた工学の知識も活かせると思いました。他にもいくつかの企業にも興味はありましたが、シグマのWebサイトや会社説明会を通して感じることができた、ものづくりに徹底的にこだわる姿勢や職人的な気質が、自分に合っている気がして。それに、大学院の研究室でがむしゃらに研究していたのと同じように、シグマならものづくりや研究に没頭できるんじゃないかと思ったんです。

つくる人を大切にする環境が、
ここにはあります。

つくる人を大切にする環境が、
ここにはあります。

入社後の配属先は、金型部の金型設計ユニットでした。文字通り金型を設計する部署で、メカ設計からの要求に合わせて大量生産するために必要な金型をつくる部署です。学生時代、金型設計はほとんどやっていませんでしたが、研修で先輩から一つずつ、「金型とは何か?」を教わっていきました。金型に決まった形というものはありません。新しいものをどうやってつくるかは、過去の金型を研究したり、経験豊富な先輩から教えてもらう。自分で考え、自分で腑に落ちるまで理解し、意見を伝え、もっといい方法はないか先輩たちに聞く。そんなやり方を大切にしながら、仕事をしています。。シグマに入社するまでは、地元の工場というと古い工場で職人の技を追求していく会社だと思っていました。でも、実際働いてみると、工場はすごくきれいで、職人の技を活かすための設備が整っていて、いいものは積極的に取り入れようとする雰囲気が会社全体から感じられてびっくりしました。つくる人たちを大切にし、社員が技を磨くためのバックアップをしてくれる環境は入社して3年目の今も変わりませんね。

コミュニケーションの技術も、
ものづくりの技術です。

コミュニケーションの技術も、
ものづくりの技術です。

実際にシグマで働いて実感したのは、コミュニケーションやチームワークが、ものづくりの精度を高める上で何より大切だということです。金型づくりで自分が新しく取り入れてみたことや失敗したことを会議の場で何でも話し、設計者同士で情報を共有する。そうすることで共通のノウハウとして知識や技術を蓄積できたり、他の部署の人たちと相談することで、違う視点から見た人の意見が開発の大きなヒントになったりするんです。とにかく、些細なことでも疑問に思ったら、恥ずかしがらずに何でも聞いたり、遠慮なく意見をする。そういう環境というか伝統がシグマにはあって、向上しようとする人には先輩をはじめみんながバックアップしてくれる。だから、思いっきり妥協なく、開発に打ち込めるんだと思います。カメラが好きだとか、ものづくりが好きといったことも大事ですが、ひとりで自分の世界の中だけで全部やろうとせず、仲間とともに技術や知識や経験を積み重ねて、いいものをつくりたい!と思う人はぴったりの会社だと思います。

松井 裕貴 金型部 金型設計ユニット

松井 裕貴 (まつい ひろき)

1988年6月生まれ、福島県会津若松出身。山形大学大学院理工学研究科。大学時代から研究のみならず誰かに何かを伝えるということ、わかりやすく表現することを大切にしている。プライベートでは中学時代から続けているサッカーを会社の仲間とともに楽しんでいる。たまに県外に友人と写真をとりに旅行にいっている。

金型部
金型設計ユニットの
仕事について

金型とはカメラのボディなどを大量生産できるようにする型のこと。カメラボディやレンズ、さらにはカメラの小さなボタンまで、さまざまな型を組み合わせることで、カメラの形が作り上げられる。前工程のメカ設計の要望をもとにそのメカを実現するための金型をコンピュータのCADソフトで設計する。その図面を、後工程の金型製造部へ依頼し、金型を製造する。松井さんは、金型部金型設計ユニットでメカ設計と金型製造部門と密なコミュニケーションをとりながらプラスティック金型の設計に取り組んでいる。