木村 将太郎
経理

木村 将太郎

2012年入社

つい手伝ってあげたくなる、
シグマはそんな会社でした。

前職では主に会計監査と経理に関するコンサルティングなどを行っていまして、実はシグマも私の担当企業だったのです。まじめで、皆が仕事に熱心、かつ楽しんでいる。そして、どこかちょっと隙もある(笑)。外から見ているとつい手伝ってあげたくなる、そんな会社がシグマだったんです。もちろん将来性もありますし、一緒に二人三脚で成長していきたいと思えたのが転職の動機です。経理部に配属されてからは前とは違う立場でシグマを見つめることになりましたが、数字の先には必ず現場の活動があり、血と汗と涙がある。数字を通じて現場を見て、みんなと喜びを共感できることが私の仕事の醍醐味ですね。

ダイナミックな視点で
会社を俯瞰することが重要。

ダイナミックな視点で
会社を俯瞰することが重要。

入社後すぐに税務調査に対応したり、中国での子会社の設立に携わったり、さらには会津工場の食堂業者さんとの折衝の手伝いまで、業務は本当に多岐に渡ります。対税務当局や対中国というグローバルな視点での関与も必要ですし、食堂の業者さんと取引価格を調整するなど、きめ細かな仕事も重要。経理としては、そのどちらもが大切な仕事なんです。私は会社のお医者さん的な立場というか、健康診断をして、良いところはより良く、悪いところはどう治すかをアドバイスするのが仕事だと思っています。大きな視点と、きちんとした数字の管理の両立が責任であり、やりがいだと考えています。シグマは、間接部門の人員は必要最小限に、少数精鋭で行うのが基本方針です。もちろん経理部門も例外ではありません。会社の体質強化という点では、経理の見るべき範囲は広く、そのぶんダイナミックに取り組むことができる。手を上げれば何でもできるし、仕事での成長のチャンスが得られる部門でもあるんです。

登山に免許取得、そして英語も。
自分自身の成長をめざして。

登山に免許取得、そして英語も。
自分自身の成長をめざして。

当然、本決算の時は繁忙期になりますし、業務にも波はあります。しかし前職に比べると、ワーク・ライフ・バランスは安定している。家族のいる身としては非常に嬉しいですね。基本的にカレンダー通りに休めますし、残業も多くなり過ぎないようにある程度調整できます。おかげで、シグマに入社してからは、一時離れていた趣味の登山も再開しています。昨年は、20回ぐらい登れましたかね。余暇を充実させられると、生活にメリハリが生まれますし、新たな気持ちで月曜日を迎えられる。仕事への活力も生まれます。現在は、通勤時間の負荷を軽減するべく教習所に通っています。免許が取れたら、次は英語の勉強にも力を入れたいと思っています。会社の雰囲気にも慣れたからこそ、自分自身の成長も考えていきたいですね。

木村 将太郎 経理

木村 将太郎

兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業。公認会計士の資格を取得後、監査法人に入所。約3年間シグマの担当を務め、2012年にシグマに入社。高校時代は山岳部に所属、現在も週末を利用して山登りを楽しむアウトドア派。2児の父でもある。

経理の
仕事について

収支の管理や財務諸表の作成、税務申告はもちろん、金融機関や税務当局の対応、資産運用、海外子会社の業績確認や内部監査も行う。このほか人事制度や業務システムの検討など、お金が関わるさまざまなプロジェクトにもメンバーとして参加。「数字」を通じて会社を良くする縁の下の力持ち的存在。業務内容としての守備範囲は非常に広い。企業活動全般における新しいチャレンジを可視化することで業務のリスクや成果を定量化して支援する場合もあれば、時にはブレーキをかける提案をすることもある。